04-2962-2606

〒358-0003 入間市豊岡1-8-26

入間市駅南口より徒歩約8分

埼玉県 入間市 太田医院|糖尿病 循環器疾患 禁煙治療

糖尿病の検査

INFORMATION

  • 診療時間 午前9:00~12:30 午後3:00~6:00 ※土曜午後:糖尿病相談(要予約)
  • 休診日 木曜・日曜・祝日
  • お問い合わせ 04-2962-2606
  • 住所 〒358-0003 入間市豊岡1-8-26
  • 地図はこちら
左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

HbA1cとは

2012年4月から日本でのHbA1cの表記法が新しいものに変わりました。
HbA1cは過去およそ1~2ヶ月間の血糖の推移が良かったか悪かったかを知る血液検査です。これまでは世界の各地でそれぞれ独自の表し方をしていたため、治療法や合併症の頻度などいろいろな研究成果の比較に不都合を生じていました。そこで、日本でもその表し方を日本独自のJDS値からアメリカその他の多くの国で使われているNGSP値に変えることになったわけです。
山の高さを表すのに、ふもとの平地からの高さから海抜/標高で表すように変えることと良く似ています。ふもとから計ったのでは、同じ3,000mの地点での高山病に罹る危険性を複数の山の間で比較するのが難しく、海抜/標高で計る必要があることと似ています。
ただし、HbA1cでは海抜/標高に相当する厳密な国際標準化が行われるのではなく、ヨーロッパではIFCC値とよばれる数値が使われており、世界的に統一されたわけではありません。

NGSP値はJDS値よりも通常は0.4高い値で表されますが、血糖コントロール評価のための基準も同じだけ高くなりますので、数値が高くなったからといってその個人の血糖コントロールの評価が変わるわけではありません。

このページのトップへ